不用品回収の見積もりの手順。上手な不用品回収無料見積もりの使い方

不用品回収を格安で依頼するには、不用品回収業者の良し悪しを見極めた上で
業者を選ぶ必要があります。

不用品回収は業者によって「夜間回収が可能な業者」「不用品を即日回収出来る業者」
「不用品の買い取りを行っている業者」と特徴が異なります。

自分の条件に合わせて不用品回収業者を選ぶことで、
スムーズに不用品を処分することが出来ます。
依頼する前に要望を不用品回収業者に伝えることが大切なのです。

見積もりの段階から慎重にすることが必要ですが、今回はその見積もりに
際して注意すべきことを紹介したいと思います。

上手に見積もりを行い業者に料金交渉をすることで、お得に不用品回収をしましょう。

不用品回収の見積もりの手順

手順
  • STEP1
    お問い合わせ
    まずは不用品回収業者に処分したい旨を伝えます。
    この時に氏名・住所・処分したい不用品の名目、数・設置場所を伝えます。
  • STEP2
    事前見積もり
    問い合わせ後、事前見積もりを取りましょう。
    事前に把握しておくことで、相場から乖離していないかどうかを判断することが出来ます。
  • STEP3
    相見積もり
    見積りは1社だけでなく、複数社から取りましょう。そうすることで
    ぼったくり業者を見抜けるのです。また、業者への料金交渉もやり易くなります。
  • STEP4
    正式依頼
    見積もりが適切な料金だったら正式に回収依頼をします。
    依頼先の業者と回収日時の摺り合わせをしましょう。
  • STEP5
    回収当日
    回収予定日に、不用品を回収してもらいます。
    作業スタッフが部屋の中からトラックまで不用品を運んでくれるので
    手間はかかりません。大きい不用品の場合でも部屋の中で分解し
    搬出してもらうことが出来ます。
  • STEP6
    料金の支払い
    回収後、料金を支払います。
    この時、請求金額が見積もり金額と違いがないか確認して下さい。
    もし金額が高くなっていたら、どこにどれくらいの料金が
    かかったのかを業者に聞きましょう。

不用品回収無料見積もり注意点

自宅まで見積もりに来てもらおう

事前見積もりには、「訪問・LINE・Web」見積もりの3種類になります。
殆どの業者が全て無料で行っています。
この中で最も正確な見積もりを取れるのが、訪問見積もりです。

処分したい物を置いている場所や、数によって料金が変わる可能性があります。
LINEやWeb見積もりだと、写真を見て料金を算出することになりますので
積み残しがないように実際の不用品の数よりも多く見積もるようにしています。

そのため料金プランが1つ上の高いプランになっていることがあるのです。
少し労力がかかりますが、訪問見積もりを選択するようにしましょう。

不用品を家の外まで運ぶ必要はない

不用品回収業者に不用品を引き取ってもらうときは、回収員が部屋の中からトラックまで
不用品を運んでくれるので、事前に不用品を外に運んでおく必要はありません。

一人で持ち運ぶと家の中を傷つけてしまったり、転倒してしまったりするリスクが
ありますので無理して運ばないようにしましょう。

一括見積もりサイトは利用しないほうが良い?

一括見積もりサイトは、情報を入力するだけで複数社から見積もりを取ることが出来ます。
しかし楽な反面デメリットもあります。

一回で複数社に情報が渡ってしまうので、電話やメールが大量に来てしまいます。
忙しい人にとっては煩わしく感じるかもしれません。

不用品回収業者の情報を知りたいときは、不用品回収比較ナビ
ような情報サイトを利用するようにしましょう。

依頼しなかった業者には断りの連絡をしよう

最終的には見積もりを取った業者の中から1つを選ばなければなりません。
見積もりの依頼が一社の場合は、特に気にする必要はありませんが、
複数社から見積もりを取っていた場合は、依頼しない業者に
断りの連絡を入れましょう。

連絡を入れないと、営業担当の方から何回も電話が来たり、
面倒なことが増えるので依頼する業者を決めたら他の業者には
早めに断りの連絡をすることをおすすめします。

不用品回収無料見積もり体験談

宮崎県在住K・Aさん
私が不用品回収を依頼する時に、
見積もりを依頼した不用品回収業者は4社でした。
大手の業者さんの方が信頼感はありますが、
あえてマイナーな所に依頼すると料金を
抑えることが出来ると思います。
宮崎県在住K・Sさん
不用品回収の業界は
ぼったくり業者がいるということを事前に聞いていたので
事前に自宅まで来てもらい、見積もりを取りました。
Web完結だと、あれこれ理由を付けられて当日に
追加料金が発生する可能性があるので、出来れば
訪問見積もりが良いのではないかと思います。
タイトルとURLをコピーしました